空を読み 雲を歌い
北軽井沢・浅間高原詩篇一九四九―二〇一八
谷川俊太郎 著 正津 勉 編
四六判仮上製 カバー装
本文96頁
2018年6月発売
定価1,430円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon
書き下ろし詩篇「いのちを喜ぶ」掲載
解説「高原の孤独な少年」正津 勉より
 北軽井沢・浅間高原。『二十億光年の孤独』以来、七十年、詩人は、ここにあって〈空を読み 雲を歌い〉つづけてきた。ひたすら光り輝く大地また生命、宇宙との交信の詩を綴ってきた。
著者紹介
谷川 俊太郎(たにかわ・しゅんたろう)
1931年、東京杉並生まれ。少年時より詩作をはじめる。毎夏、浅間山北麓の北軽井沢に滞在。当地において書かれた作品は52年、第一詩集『二十億光年の孤独』、53年『62のソネット』、93年『世間知ラズ』などに集録。以後も折につけ、この地に想を得た詩を刊行詩集に発表している。また『ナンセンス・カタログ』ほかに小品を収載。
※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関連書