渋沢敬三 小さき民へのまなざし
渋沢敬三
小さき民へのまなざし
[季刊]やま かわ うみ 別冊
川島秀一 編
A5判並製
本文232頁
2018年12月発売
定価2,484円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon
目次
川島秀一 渋沢敬三の学問―生き方と重なる研究方法
安室 知 渋沢敬三の視座―「同定」へのこだわり
飯田 卓 渋沢敬三と日本民族学協会
山田嚴子 渋沢敬三影響下の地方民間博物館―「声のレコード」をめぐって
山本志乃 師弟で歩いた出雲―片句浦に残る書簡から
渋沢敬三[エッセイ+論考+講演]
第一部 非文字資料の発見―民具と絵巻物
 還暦祝賀記念論文執筆者招待会席上座談話集/七十七銀行七十七周年祝辞
 会長挨拶 渋沢連合大会会長/アチックの成長/アチックマンスリーから
 『民具問答集』第一輯まえがき/いわゆる足半について(予報)
 オシラサマ/絵引は作れぬものか
 日本広告史小考/『瞬間の累積――渋沢篤二明治後期撮影写真集』あとがき
第二部 水産史と魚名誌
 日本釣漁技術史小考/テグス小史/『豆州内浦漁民史料』序
 海村の郷土資料/帆影七里/魚名分布に見られる一傾向
 若干魚名註記一束/式内魚名
第三部 旅と交流
 「南島見聞録」台南と高雄/「南島見聞録」先島列島
 『山と民俗』序/『花祭』序/『安芸三津漁民手記』序
 日本星座方言資料』序/菅江真澄/祖父の後ろ姿
渋沢敬三略年譜(川島秀一編)
編者紹介
川島秀一(かわしま・しゅういち)
 1952年生まれ。宮城県気仙沼市出身。法政大学社会学部卒業。博士(文学)。東北大学附属図書館、気仙沼市史編纂室、リアス・アーク美術館、神奈川大学特任教授、東北大学災害科学国際研究所教授等を経て、同研究所シニア研究員。
 著書に『ザシキワラシの見えるとき』(1999)、『憑霊の民俗』(2003)、『魚を狩る民俗』(2011、以上三弥井書店)、『漁撈伝承』(2003)、『カツオ漁』(2005)、『追込漁』(2008、以上法政大学出版局)、『津波のまちに生きて』(2012)、『安さんのカツオ漁』(2015)、『海と生きる作法』(2017、以上冨山房インターナショナル)など。
※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関連書