小林秀雄の超=近代 小林秀雄の超=近代 セザンヌ・ゴッホ・ピカソ・漱石
佐藤 公一 著
四六判上製/カバー装
本文260頁
2009年2月発売
定価2,700円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon

書評・紹介
 小林秀雄について論を立てる時、否定的になるか肯定的になるかはっきり分かれる。著者の立場は後者、肯定派である。本書は小林の『近代絵画』を素材に美術、色彩について論じるのだが、小林の感覚がとらえる美をさらに噛み砕いて解説する、というかたちになる。いわば小林の書いたテクストを講義するのである。(略)断定的な小林の文章は解釈が必要であり、解読はその読者の責任である。しかし、批評家としての食指もまた、そこにはたらくのである。
(図書新聞 2009年8月15日 2930号)
目次より
T
『近代絵画』の〈叛逆〉
U
ボードレールの〈魔術〉
再説 小林秀雄とカール・マルクス
小林秀雄『モオツァルト』の〈音楽〉
V
小林秀雄「故郷を失つた文学」
漱石『行人』の題名覚書
犯罪と刑罰
『資本論』と〈法律というテロ〉
著者紹介
佐藤 公一(さとう・こういち)
昭和29年 秋田県生
昭和52年 早稲田大学教育学部卒業
昭和57年 北海道大学大学院修士課程修了
平成7年 秋田大学教育学部非常勤講師
 現在、文芸批評家として活躍。
著書
『講座 昭和文学史 第2巻』(有精堂 昭和63年 分担執筆)
『モダニスト 伊藤整』(有精堂 平成4年)
『エクリチュールの横断』(無明舎 平成5年)
『時代別 日本文学史事典 現代編』(東京堂 平成11年 分担執筆)
『言葉の調楽』(満作舎 平成12年 私家版)
『言葉の調楽 補記』(満作舎 平成14年 私家版)
『小林秀雄の永久革命』(アーツアンドクラフツ 平成18年)
『小林秀雄のコア』(アーツアンドクラフツ 平成19年)
※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関連書
小林秀雄の批評芸術
小林秀雄の批評芸術
佐藤 公一 著
東満州逃避行
東満州逃避行
佐藤 克司 著
小林秀雄の日本主義
小林秀雄の日本主義
佐藤 公一 著
小林秀雄のコア
小林秀雄のコア
佐藤 公一 著
小林秀雄の永久革命
小林秀雄の永久革命
佐藤 公一 著