村上春樹と中国 村上春樹と中国
王 海藍(ワン・ハイラン Wang Hailan)著
A5判並製カバー装
本文224頁
2012年3月発売
定価2,592円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon

書評
図書新聞 2012年11月24日/第3087号
図書新聞 2012年9月15日/第3078号
日本経済新聞(夕刊) 2012年5月15日
週間読書人 2012年5月11日
朝日新聞 2012年3月18日
目次
「序」に代えて
序章
中国における「村上春樹ブーム」
「村上春樹受容」の実態
先行研究
本研究の方法と特質
第1章 中国における村上春樹文学の翻訳出版 1989年から2010年まで
近現代における日本文学の翻訳
1989年、村上春樹作品が初めて登場
村上春樹作品の中国語訳の近況
村上春樹作品の翻訳出版点数の推移
第2章 翻訳出版・その時代区分
萌芽期(1989年〜1995年)
上昇期(1996年〜2000年)
全盛期(2001年〜2006年)
安定期(2007年〜現在)
第3章 中国における村上春樹文学の影響
若者の生活観に影響
文学的影響について
村上春樹文学の中国作家への影響
文芸評論における村上春樹文学の影響
中国の芸術界における村上春樹文学の影響
第4章 中国における村上春樹の読者 2008年実施の学生(3000人)意識調査から
調査の概要
アンケートの集計結果
アンケートの「自由記述欄」について
第5章 中国における「村上春樹熱」とは何であったのか
調査結果から
要因1(出版ブーム)
要因2(読者は若者)
要因3(社会的な浸透と影響)
第6章 中国における村上春樹研究
中国の村上春樹研究の概観
中国における村上春樹研究
中国における村上春樹文学に関する学術論文
村上春樹研究に関する著書
第7章 中国の「村上春樹現象」と村上春樹の中国観
村上春樹文学が世界に広がった理由
中国本土の「村上春樹現象」論
補論 村上春樹の中国観
あとがき
著者紹介
王 海藍(ワン・ハイラン Wang Hailan)
 1974年9月 中国山東省生まれ。
 1997年7月 山東師範大学文学部中国語中国文学専攻卒業。
 1997年8月〜2003年8月 山東省芸術学校助教を経て、山東芸術学院講師。
 2003年9月 筑波大学図書館情報メディア研究科の研究生として来日。
 2007年3月 筑波大学図書館情報メディア研究科博士前期課程修了、修士取得。
 2011年4月 同研究科博士後期課程修了、学術博士取得。
 現在、復旦大学中国言語文学系「比較文学と世界文学」研究室ポス・ドク。
 本書の基になった博士論文「村上春樹と中国〜中国における村上春樹の受容研究を中心に〜」のほか、「中国における村上春樹の受容」(黒古一夫著『村上春樹「喪失」の物語から「転換」の物語へ』2007年10月、勉誠出版刊所収)ほか、論文多数。
関連書
村上春樹批判
村上春樹批判
黒古 一夫 著
葦の髄より中国を覗く
葦の髄より中国を覗く
黒古 一夫 著