村上春樹批判 村上春樹批判
黒古一夫 著
四六判並製/カバー装
本文240頁
2015年4月発売
定価1,944円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon

書評
東京新聞・中日新聞 2015年7月12日付
上毛新聞 2015年5月26日付
目次
第一章 「転換」へ――果してそれは実現したか?
第二章 「コミットメント」の行方――「迷走」する村上春樹
第三章 『1Q84』批判――村上春樹はどこへ行く
第四章 「反核スピーチ」批判
     ――私たち日本人は、確かに核に対して「ノー」と叫んできたが……
第五章 時代との接点は、どこにあるのか?
     ――『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をめぐって
第六章 昔の名前で出ています――『女のいない男たち』批判
第七章 文学表現における「コミットメント」とは?
     ――村上春樹『1Q84』と莫言『蛙鳴』との違い
著者紹介
黒古一夫(くろこ・かずお)
1945年、群馬県に生まれる。群馬大学教育学部卒業。法政大学大学院で、小田切秀雄に師事。1979年、修士論文を書き直した『北村透谷論』(冬樹社)を刊行、批評家の仕事を始める。文芸評論家、筑波大学名誉教授。主な著書に『立松和平伝説』『大江健三郎伝説』(河出書房新社)、『林京子論』(日本図書センター)、『村上春樹』(勉誠出版)、『増補 三浦綾子論』(柏艪社)、『『1Q84』批判と現代作家論』(アーツアンドクラフツ)、『辻井喬論』(論創社)、『祝祭と修羅―全共闘文学論』『大江健三郎論』『原爆文学論』『文学者の「核・フクシマ論」』『井伏鱒二と戦争』(彩流社)他多数。
※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関連書
村上春樹と中国
村上春樹と中国
王 海藍 著
立松和平 仏教対談集
立松和平 仏教対談集
立松和平ほか 著