私小説の生き方 私小説の生き方
秋山 駿・富岡 幸一郎 編
A5判並製/カバー装
本文320頁
2009年6月発売
定価2,376円(税込み)
ご注文

他の書店で買う
amazon

目次
「人生」を生きる――
『少女病』田山花袋
『城の崎にて』志賀直哉
『トカトントン』太宰治
『蜆(しじみ)』梅崎春生
『鳳仙花』川崎長太郎
「夫婦・恋人」と生きる――
『黒髪』近松秋江
『業苦』嘉村礒多
『清貧の書』林芙美子
『暢気眼鏡(のんきめがね)』尾崎一雄
『聖ヨハネ病院にて』上林暁
『われ深きふちより』島尾敏雄
『忍ぶ川』三浦哲郎
「家族」と生きる――
『哀しき父』葛西善蔵
『父を売る子』牧野信一
『今年の春』正宗白鳥
『黒い裾』幸田文
『北の河』高井有一
『私々小説』藤枝静男
解説対談
「私小説は、面白い」 秋山駿×富岡幸一郎
富岡 私小説は、かつて中村光夫などにより多くの批判にさらされてきましたが、秋山さんは『私小説という人生』(二〇〇六年、新潮社刊)で、古希を過ぎて、日本の近代文学をもう一度読み直して見よう、生き直してみようということで、私小説を取り上げられました。田山花袋、志賀直哉などは名前は知られていますが、実作品はなかなか読まれない。ところが私小説を実際読むと、人間のさまざまな場面での生き方を実によく映し出していて、面白い。
秋山 私が七十歳を過ぎて、あらためて私小説を読み直して感心したのは、日本人の生き方を非常によく追求して、真剣に描いているということ。翻って今日のわれわれの生き方とくらべてみると、非常に面白い光景が見えてくる。また日本の近代文学の上では、私小説のおかげで小説はどんどん深く、進歩していった。同時に、私小説が出てきたことによって、小説と批評とのギャップが広がった。つまり小説と批評とのすれ違いが出てきて、それが今日まで続いている。
(対談抜粋)
編者紹介
秋山 駿(あきやま・しゅん)
1930年、東京生まれ。早大仏文科卒。60年、評論「小林秀雄」で「群像」新人文学賞を受賞。90年、『人生の検証』で伊藤整文学賞受賞。96年刊行の『信長』で野間文芸賞、毎日出版文化賞を受賞。『内部の人間』『歩行と貝殻』『舗石の思想』『知れざる炎―評伝中原中也』『私小説という人生』『忠臣蔵』など多くの著書がある。
 
富岡 幸一郎(とみおか・こういちろう)
1957年、東京生まれ。中大仏文科卒。在学中の79年、「意識の暗室――埴谷雄高と三島由紀夫」で「群像」新人文学賞評論優秀作を受賞。主な著書に『戦後文学のアルケオロジー』『内村鑑三』『批評の現在』『仮面の神学――三島由紀夫論』『言葉 言葉 言葉』『作家との一時間』『使徒的人間――カール・バルト』『非戦論』『文芸評論集』など多数。
※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
関連書
岐路に立つ自然と人類
岐路に立つ自然と人類
今西錦司 著
最後の思想
最後の思想
富岡 幸一郎 著
温泉小説
温泉小説
富岡 幸一郎 監修
文芸評論集
文芸評論集
富岡 幸一郎 著